藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.06.04更新

師匠に会いに。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita196

2018.06.04 this week Fujita 196

先週の『日本ゴルフツアー選手権』、最終的には1アンダーの28位タイでした。予選、特に2日目は内容が悪く、予選通過こそしたもののギリギリのところでした。
会場は茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブだったのですが、師匠の芹澤信雄プロがシニアツアーで隣の栃木県に来ているのを知っていました。

そこで、2日目が終わった後、芹澤さんにスイングチェックをお願いしました。ご自分も試合の最中にも関わらず快く引き受けてくださったので、1時間ちょっとかけて師匠に会いに行き、30分ほどスイングチェックをしてもらったんです。
そのおかげで決勝はなんとか持ち直すことができました。それがなかったら、スコアも順位も上がらなかったと思います。

最終日、最終18番をダブルボギーとしてしまい、1日を台無しにしたような気持ちにはなりましたが、ショットも安定しましたし、10mくらいのパッティングも2つ取れ、8バーディでスコアを3つ伸ばすことができました。全体としてはまだまだですが、最終日に追い上げられたことはプラスの材料だと思いますので、こういった積み重ねで調子を上げていかければいけません。

終わったことを言っても仕方ありませんが、やはり最後のダブルボギーはもったいなかった。いい兆しは出ていたのに、「もっと練習してこいよ」と言われているような気がしました。
長年やっていれば、いい時も悪い時もあるものです。やっている内に必ずまたいい時が来るはずですから、きっかけを探しながら進んでいきます!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局