藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2017.07.11更新

振り返るとそこには…。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita164

2017.07.11 this week Fujita 164

「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」のプロアマは青木功さんとご一緒しまして、パッティングのアドバイスをいただきました。
上から打ちたい、捕まえたいというのが強いんじゃないか、ということで、それをヒントにアドレスの位置なんかを少し試行錯誤してみようと思います。
試合の結果はギリギリ合格ラインの19位タイ。ゴルフの状態としてはまだまだ6割くらいというところですので、現状を受け止めつつ、さらに上位フィニッシュを目指していきたいですね。

2日目のホールインワンは196ヤードを5番アイアンで打ったのですが、カップのところは見えていなくて。ギャラリーの皆さんの反応でホールインワンだとわかりました。賞金が出るぞと言われて、後ろの看板をよく見てみると決勝ラウンドだけと……(笑)。でもカットラインが気になる位置だったので大きな一打でした。ツアーでは6回目ということで、プライベートも入れるとだいたい20回目くらいでしょうか。15までは数えていたんですが、そこから立て続けに出たことがあって、正確には忘れてしまいました(笑)。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.07.06更新

25年前。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita163

2017.07.06 this week Fujita 163

プロテストの2次が近いので、葛城の研修生たちと調整のラウンドに付き合ったりしていました。
私がプロテストを受けたのは、もう25年前になりますね。最終日前夜は意外とぐっすり眠れたのですが、ホテルを出る直前に“戻して”しまって。ああ、やっぱりすごく緊張しているんだな……と感じたのを思い出しました。
あとはイベントなどの合間を縫って涼しい御殿場で3日間のミニ合宿を。午前中にフィジカルトレーニング、午後にハーフラウンド、その後に打撃練習というサイクルをこなしていました。

今週は久々の試合、「長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ」です。
今年は全英オープン、全米プロの出場権が得られなかったので、ここと月末の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」でしっかり合わせていって、8月末からの連戦に備える、という形ですね。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.06.20更新

48歳。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita162

2017.06.20 this week Fujita 162

金曜日の「静岡プロゴルフ選手権大会」は、出だしからバーディ、パー、イーグルといいスタートだったのですがそこからが悪く、10位という結果。優勝は宮本プロで、シーズンの調子そのままに明暗が分かれてしまいました。
ラウンド終了後にはチームメンバーからサプライズケーキで誕生日を祝ってもらいました。とうとう48歳か……と思いつつ、変わらぬご声援をいただけるので、まだまだ「中年の星」でいられるよう頑張らないとな、と。

全米オープンの3日目はゴルフネットワークの解説に呼んでいただきました。私が解説をする際は現役選手として、ロープの中で戦う選手の気持ちであったり、そのプレーの技術力の高さなどをお伝えできるよう心がけています。
最終日の松山君は、厳しいところから素晴らしいプレーで2位。私はやはりテレビにかじりついて観てしまいました(笑)。終わったあとは自分がプレーしたわけではないのに、まるで試合が終わったときのような脱力感。いつも試合後は、気だるさというか集中力がなくなるというか、一旦ニュートラルになり、そこから週末に向け徐々に引き締まってくるというルーティンなのですが、それくらい気持ちが入ってしまいましたね。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.06.14更新

師匠のおかげ。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita161

2017.06.14 this week Fujita 161

レギュラーツアーがしばらくありませんので、午前中はトレーニング、昼から葛城でハーフラウンド、というルーティンをこなしつつ、イベント等に出席させてもらっています。

先週はパーリーゲイツさんのコンペがありました。
パーリーゲイツというのはプロゴルファーの中でも憧れのブランドで、「いつかはパーリーゲイツを着られるような選手に」と思っていたところ、芹澤プロに出会い、お下がりをずっと着させてもらっていたんです。そこから97年の初優勝をきっかけにウェア契約をしていただけるようになったので、もう20年お世話になっています。

スポーツウェアとしての着心地はもちろん、そのまま街に出られるようなデザイン性で種類も非常に多いので、試合に持っていくものを選ぶだけで1時間くらいかかってしまうこともあります(笑)。たまに(キム・)ヒョンソンとコーディネートがかぶるんですが、それも実は楽しみにしていて、嬉しくてついツーショットを撮ってしまいます(笑)。

今週6/16(金)は2連覇中の地方大会「第29回 静岡プロゴルフ選手権大会」に出場します。3連覇した人はいないそうなのでそこが目標ですね。それには強敵の宮本勝昌に勝たなければいけませんが(笑)。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.06.08更新

“稼げるゴルフ”を取り戻せ。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita160

2017.06.08 this week Fujita 160

国内メジャー第2戦、「日本ゴルフツアー選手権」は合格ラインに届かず、31位タイでした。
「出玉が外れる」と言ったりするんですが、目標に対してボールがまっすぐ飛ばないことが多く、今は勝ち残っていける、稼げるゴルフができていないな……と実感しています。ここからしばらくのオープンウィークの間に、イベントなどの仕事をこなしつつ、身体の充電と前半戦の反省点であるショットの正確性を取り戻したいと思っています。

来週は全米オープン。自分が出られないのは残念ですが、スピース、デイ、ジョンソンといった世界のトッププロのプレーはもちろん楽しみですし、調子を落としているとはいえ松山は互角に渡り合ってくると期待しています。若くて勢いのある小平や、チームヤマハの今平には一発かましてきてほしいですね(笑)。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.05.30更新

1打差の夢舞台。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita159

2017.05.30 this week Fujita 159

先週の「ミズノオープン」は35位タイでした。全英オープンの予選も兼ねているとあって、日本ではあまりないリンクスコース特有の強い風に、自分の調子の悪さも相まって、2日目にスコアを崩してから持ち直すことができませんでした。
ショートゲームが得意な選手と回ると、自分の悪さが目についてしまいますね。やはり今は思い描いていることとのギャップがあり、それを埋めるべく、試合中にスイングを変えたりと試行錯誤しながら戦っている状態です。

宮里藍さんの引退。お疲れ様でした。モチベーションの維持が難しくなったということでしたね。私も年齢を重ね、体力や技術の衰えを感じながら、上手くいかなくなることが多くなってきて、モチベーションは減っていっているのが事実です。でも、応援してくれるファンであったり、周りのサポートがあり、何より自分がゴルフが好きだから、何とか続けていられるんだと思います。もうすぐシニアの年齢になりますが、レギュラーのシードを取り続けるというのが当面の目標の一つですね。

今週の試合が終わるとツアーとしては約1ヶ月のお休みです。イベントなんかも結構あるんですが、関節に油を足すと言いますか、トレーニングも含めて身体のメンテナンスをしっかりとやって中盤戦に向かいたいと思います。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.05.25更新

1打差の夢舞台。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita158

2017.05.25 this week Fujita 158

先週の「関西オープンゴルフ選手権競技」は結果としてはギリギリOKラインの17位タイ。
3日目がすごく良く、その流れでTOP10、TOP5というところを狙って行きたかったのですが、最終日はショットがイマイチで。スッキリはしない後味となってしまいました。

今シーズンから同じヤマハの契約選手となった今平周吾プロが待望の初優勝。プロ入りからずっとお世話になり、半分メーカー側の人間として、嬉しいニュースでした(笑)。これで「WINNING 10 PROJECT」は2勝目。どうにかして自分も1個乗っかりたいと思います。

明けて月曜日は、1日で36Hという過酷な戦いの「全米オープン」最終予選。あの大きな舞台にもう一度立ちたいという思いで頑張りましたが、悔しい1打差で出場権は得られませんでした。やはり簡単に行けるところではないですね。日本から行くことになった3人はTOP10に入れるポテンシャルがあると思いますので、出場だけでなく結果を残してきてくれると思います。

4大メジャーは基本ライブで、テレビにかじりついて観てしまいます。根っからのゴルフ好きなんでしょうね(笑)。


WINNING 10 PROJECT|YamahaGolf ヤマハゴルフ
http://golf.yamaha.com/winning10/index.html

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.05.17更新

噛みしめる苦み。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita157

2017.05.17 this week Fujita 157

今年は沖縄で開催された「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」では残念ながら予選落ちでした。グリーン上がダメで、初日はなんとかなったのですが、2日目に我慢がしきれずにスコアを落としてしまいました。

20年くらいツアーでやってますが、パッティングは今シーズンが一番良くない状態かもしれません。毎週自己分析をして、課題を見つけ練習していますが、なかなか結果に繋がってくれません。長引くと精神的にも良くないので、早めに修正したいところです。

先々週(中日クラウンズ)、先週(日本プロゴルフ選手権大会)と、谷口徹プロが優勝争いをしていましたね。ここ数年、同じく苦労されていましたが、自分のスタイルを取り戻されたように感じます。ツアーでも数少ない年上が頑張っていると、自分ももっとやれると勇気づけられます。今年は2人ともお世話になっているヤマハの契約選手で年間10勝の目標がありますから、お互いにまだまだ頑張らないといけませんね。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.05.11更新

はじめました。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita156

2017.05.11 this week Fujita 156

先週は「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」のイベントで、選手の夫人がプレーをして選手がキャディをする「WIVES(ワイブス)コンペ」というのがありまして、3回目の出場で妻が初優勝を飾ることができました。1ホールに1回だけプロのお助けショットができるんですが、少しばかりは力になれたんじゃないのかなと思います。
今回は次男も会場に来てくれて、久しぶりに家族にプレーする姿を観せられたのでちょっとした家族交流ができて良かったですね。ツアー中はそういう機会をなかなか作れないので…

そういえば、今さらながらInstagramを開設しました。これまでもFacebookページやTwitterなどやらせてもらってきましたが、こちらではより身の回りの、プライベートな情報をお伝えしていけたらと思っています。

@fujita_golf_official

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.04.19更新

届いた願い。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita155

2017.04.19 this week Fujita 155

開幕戦「東建ホームメイトカップ」は4位タイでした。
土曜日まではショットがイマイチな割に、パターがよく入ってくれました。最終日はどちらも悪く伸び悩んでしまいましたが、この時期に最終組を経験できたことは収穫だと思っています。

女子ツアーの西山ゆかりプロはすごかったですね!おめでとうございます。チームメンバーとして、大きな刺激を受けました。

もう一つ。念願だった、ランドローバーのアンバサダーに就任することができました。
2000年から「RANGE ROVER」に乗っていまして、年間2万~3万5千キロくらい走るものですから、はや5台目。それくらい好きな車なんです。今回乗らせていただく新型が楽しみで仕方ありません。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

前へ