藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.05.23更新

20位。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita194

2018.05.22 this week Fujita 194

僕はよく、毎試合20位以内に入ることを一つの目標としているとお話しします。先週の『関西オープンゴルフ選手権競技』では、その20位に入ることができました。今季、ここまでの最高順位です。でも、内容的にはまったくダメでした。人に見てもらうのが申し訳ないレベルだったと思っています。 難しいもので、ただ20位に入ればOKというものでもありません。
僕が見ているのは順位とかスコアだけではなく、いかに自分のゴルフができているかという部分です。その順位に至る意味が必要だという風に考えているんです。だから、例え優勝したからといって、内容的にも必ず大満足とは限らないんです。

今は、その自分のゴルフができていないので、ストレスのたまる日々です。
でも、このままでは自分も嫌ですし、応援してくださっている方も嫌でしょうから、ひたすら練習を続けています。状態がいいときと比べて、悪いときの方が必死に頑張っているものです。

20位という数字はあくまで目安程度ではあるんですが、常にそのくらいの位置にいないとシード権を取るのが厳しくなってしまいます。
常に20位以内に入ってシード権を取るというのは、すごく大変なことです。でも、それをやるのが藤田寛之だと思っています。
次の『ミズノオープン』は、全英オープンの切符がかかる試合ですが、今はそこは意識していません。自分のゴルフを全うし、力を十分に発揮した上で20位以内を目指していきます。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.05.15更新

同世代。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita193

2018.05.15 this week Fujita 193

シーズン最初のメジャー大会『日本プロゴルフ選手権大会』は、2オーバーの30位タイという結果でした。30位は自分の中にある「最低限」のラインではあるのですが、自分のイメージしたゴルフからはかけ離れた内容になってしまいました。初日は良かったんですが、金曜からは別人になってしまった感じです。

そんな中、プレーオフの末に優勝を飾ったのは谷口徹プロでした。僕とは年でいうと1歳違い、学年で2年違いという同世代の選手です。
たぶん谷口さんも、年齢的な衰えを感じながら過ごしていたんじゃないかと思います。「もう優勝できないかも」と思っていたかもしれません。そういう、いろいろな思いや葛藤があるはずの50歳での優勝は、若いころの勝ちとは意味がまったく違うと思います。

プロゴルファーだけでなく、同世代の人たちは皆さん、感じるものがあったのではないでしょうか。若いころと比べて、守るべきものも増えますし、なかなか大きなことを成し遂げる思い切りがなくなる中で、若手を退けて優勝を勝ち取るというのは本当にスゴイと思いますし、尊敬します。

若いころは、同世代の活躍を見て「オレも!」という青さというか、白さというか、そういうものがありましたが、今はそういう感じでもありません。だから、谷口さんの優勝は僕にとっては刺激になったというよりは、励みになりました。「まだまだやれますよ」と励まされているような感じです。
今の自分の調子だと「すぐに優勝」とはなかなか行きませんが、自分を見つめて、技術を調整して、技術を根拠に自信を持って、とひとつずつステップを踏んで進んで行きます。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.05.08更新

初挑戦。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita192

2018.05.08 this week Fujita 192

先週末は『ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント』に出場しました。日本にはあまりああいったチャリティの大会はないので、その一員に呼んでもらえるのは光栄に思います。
プロゴルファーだけでなく芸能人もたくさん参加していて、僕は初日を岩城滉一さん、2日目を椎名桔平さんと、お二人の俳優さんと一緒にラウンドしました。

公式戦とは違った雰囲気で、楽しかったです。ツアー戦のようなプレッシャーはありませんからね。普段テレビで見ている方とご一緒したり、プロがバーディを取ると一緒に周っている方のスコアが一つ良くなるというルールのプレッシャーはありましたが(笑)。

さて、今週末はメジャー大会『日本プロゴルフ選手権』です。
ご存知の通り、毎年開催コースが変わる大会で、今年は千葉県の房総カントリークラブで行われます。実は、今回が初挑戦のコースになります。
でも、あまり気にしてないんですよ。知らないところだからという不安も、初挑戦だからというワクワクもどちらもありません。僕だけみんなと違うコースだったら不安ですけどね(笑)。

どこであれ、自分のゴルフをするという心構えは同じです。
メジャーを獲りたいという気持ちがないわけではありませんが、今はそんな状態でもありません。まずは少しでもいいゴルフをして、できるだけ上位に行って、「メジャーを獲るぞ!」と言える状態になれるように頑張ります!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.05.02更新

予選通過。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita191

2018.05.02 this week Fujita 191

開幕から2試合、予選落ちが続いていましたが『中日クラウンズ』でようやく、4日間プレーすることができました。ちょっとさみしい結果ではありましたが……。
結果も内容も満足のいくものではなく、悩みながら修正しながらのプレーでした。いい部分もありましたが、平均するとまだ50点そこそこかな、という感じです。

ショットなどは前週よりも悪かったのですが、アプローチやパターでカバーしつつ我慢しながらのゴルフでした。2日目は上がり3ホールが良くなく、前週と似た展開となり不安もありました。ただ、そういう中でしたが、予選を通って4日間プレーできたのはいいことです。その後の充実度や次へのつながりなど、プラスが多いですからね。 とは言え、予選を通過できてホッとしたという感覚はありません。このくらいで気持ちが楽になっていたら、逆に「大丈夫か!?」と思われてしまいますからね(笑)。

今週末は公式戦はおやすみで、『ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント』に出場予定です。こちらも、テレビ放送がありますのでお楽しみに。
その後は、国内4大メジャー大会のひとつ、『日本プロゴルフ選手権』が控えています。いつものように、しっかり予選を突破すること、20位以内に入ることを胸に、プレーしていこうと思います。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.04.25更新

やりがいを感じるコース。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita190

2018.04.24 this week Fujita 190

先週の『パナソニックオープン』は、あと1打届かず予選落ちとなってしまいました。
初日はいいショットがあったり、グリーンを外しても上手く処理できたりで、コース難易度を考えてもいいプレーができたと思っています。2日目も前半は悪くなかったのですが、終盤、特に8番で池に落としてしまったのが致命傷になりました。あと1打、なんですが、追い上げていってのあと1打と、崩れてしまってのあと1打では気持ちも違います。終盤が悪いというのはあまり良くありませんね。
と言っても、反省点も悔しさもありますが、自分のやったことですし、終わったことなので仕方ないです。

次戦『中日クラウンズ』が行われる「名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース」は、僕の好きなコースです。
距離はさほどありませんが、狙ったところに運ばないとスコアが伸びないという、戦略性を求められる、競技志向の高いゴルフコースなんです。どこのコースでもそうですが、ここは特に頭と体の両方が要求される場所で、まぐれとか、たまたまがないんですね。だからこそ、やりがいを感じるコースなんです。

なにしろ、予選落ちばかりでは賞金ももらえません。会社に行って働いているのに給料がもらえないのでは、困ってしまいますからね(笑)。
何かが特別に悪いという感じはしていないので、いつもと同じ準備をして、いつもと同じスタンスで、次の『中日クラウンズ』に挑みます。今度こそ予選を通って決勝ラウンドをプレーしたいところです。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.04.17更新

あきらめの悪い男。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita189

2018.04.17 this week Fujita 189

いよいよ国内ツアーが開幕しました。
しかし、開幕戦である『東建ホームメイトカップ』は、5オーバーで予選落ちという結果に終わってしまいました。残念です。

初日は全体的に上手くいかず、1バーディ6ボギーと苦戦しました。
それでも、初日が終わってからショットのイメージを変え、2日目は18ホールすべてパーというところまで持ち直しました。風が強い中で、頑張れば可能性があるかなと思っていたのですが、バーディチャンスを逃したりもあり、結果イーブンでのホールアウトでした。
満足はできませんでしたが、初日よりはマシだったかな、というところです。オフに追い込めなかった分がそのまま結果に出てしまったと感じています。

とは言え、前は向いています。基本的に後ろは向かないですし、向く必要もありません。常にそうやって歩んできたゴルフ道ですから。
終わったことは仕方ないので、次の『パナソニックオープン』では、予選をクリアして決勝に残り、4日間プレーして少しでも上位に行けるように頑張ります。

ケガと付き合っていくしかない、そういう年齢だし、そういうシーズンなんでしょう。それをどう克服するか、どう突破するかを考えていかなければ。
僕はあきらめの悪い男ですからね。「もうダメだ」とは、そうそうなりませんよ。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.04.11更新

やっぱりゴルフは難しい。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita188

2018.04.11 this week Fujita 188

先週末に行われたマスターズ、みなさんはご覧になりましたか? 今年もいいゲームでしたね。見ているとワクワクして、感動を覚えました。最終日のスピースの追い上げは信じられないものでしたし、逃げるリードの緊張は想像を絶するものだったと思います。

僕の方は、マスターズと同じ日程で『岐阜オープンクラシック』に出場して、2オーバーの39位タイという結果でした。できればアンダーパーで終わりたかったので、この結果は残念です。
ただ、ケガに苦しめられたオフシーズンでしたから、ゴルフができていることはうれしく思っています。久々に実戦の場に立って感じたのは、やっぱりゴルフは難しいなということです。練習と試合が全然違うのも改めて感じました。練習のときに持っているイメージも、試合をやるとわけがわからなくなってきてしまって。

今週はいよいよ開幕戦である『東建ホームメイトカップ』を迎えます。
昨年のこの大会では、11アンダーで4位タイといい成績を収められました。パターがすごく良かったのを覚えています。でも、コースは難しいですし、むしろ得意ではないコースなんですよね。だから、今年は今年。前年度がどうだったかはあまり関係ないと思っています。

実を言うと、ゼロからのスタートになる開幕時には、自信があったためしがありません。今も不安です。とはいえ、時間は待ってくれませんから、一打一打を無駄にしないように、という気持ちをベースに進んでいきます!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.04.05更新

動かなくなるまで。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita187

2018.04.05 this week Fujita 187

先週末は女子ツアー『ヤマハレディースオープン葛城』のテレビ解説に呼んでいただきました。なにしろホームコースである葛城ゴルフ倶楽部が舞台でしたので、コースの説明などを中心にお話ししました。
プロアマにも出場し、出場プロ全員とツーショット写真を撮らせてもらいました。僕のフェイスブックで公開しています。あれ、実は僕の発案でやったんです。

さて、ツアー開幕戦の『東建ホームメイトカップ』は4月13日からですが、その前、つまり今週末は『岐阜オープンクラシック』に参戦します。
われわれプロゴルファーは、練習で上手なのは当たり前です。大事なのは本番でいかに結果を出すかということで、そのためには本番をたくさん経験しないといけません。岐阜オープンはツアー開幕直前の実戦なので、試合の中でどんなゴルフができるか、自分がどんなコンディションなのかを確認できる場です。しばらく試合をしていないので、試合勘を取り戻す機会でもあります。

ちなみにこの岐阜オープン、日程的にはマスターズと重なっているんです。なのでマスターズを生中継で見られないのはちょっと残念なのですが(笑)。
マスターズは高校時代から欠かさず見ているので、今年も楽しみにしています。「どんな感動があるだろう」と一ゴルフファンの目線でも見ますし、「あそこは、ああだったな」と出場経験者の目線でも見るでしょう。

それから、長らく皆さんを心配させてしまっていた肩の痛みですが、だいぶ良くなってきました! まだ気にはなりますが、練習もできますし、喜んでます。
開幕前のこの時期は毎年、「今年はどうなるんだろう」と不安です。
今は逆に開き直っています。ここまで来たら、やるしかありませんからね! 動かなくなるまでやりますよ!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.03.27更新

乗り越えなければ。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita186

2018.03.27 this week Fujita 186

3月も最終週に入り、開幕が間近に迫ってきましたね。
イベント出演やテレビ出演といったお仕事も一段落し、いよいよといった感じです。

先週末はJAPAN GOLF FAIR のヤマハブースで「ゴルフ LOVER 女子会」という女性限定のトークショーに出演しました。若い方から年配の方まで、たくさんの女性を前にいつも以上に緊張してしまいましたが、楽しんでいただけたのではないかと思います。写真はそのときのもので、岩瀬恵子アナと今平周吾プロです。

先週もお話ししましたが、3月28日(水)・29日(木)にはBS12 トゥエルビの「戦略のゴルフ ~藤田寛之のコースマネジメント~」が放送されますし、週末の「ヤマハレディースオープン葛城」の中継では、ゲスト解説をさせていただきます。今週はテレビにたくさん僕が登場しますので、ぜひご覧になってください(笑)。

肝心のゴルフの方は、まだ肩の痛みに悩まされていますが、ボールを打つ練習もしっかり行っています。まだ心配は心配なのですが試合に出ないという選択は考えていないので、トレーナーと相談しながら開幕に向けて準備をしています。

年齢的なこともあっていろいろな問題は出てきますが、乗り越えなければいけません。強いばかりがプロではありませんし、カッコイイばかりがプロではありません。そういう中で努力しながら、苦しみながら、ゴルフ道を歩み続けていきます!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.03.22更新

テレビ。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita185

2018.03.22 this week Fujita 185

今月末に放送されるテレビ番組に出演することになり、先日その収録に臨んできました。ご存知の通り、僕はおしゃべりが得意な方ではないのですが(笑)、呼んでいただけるのは有り難いですね。

BS12 トゥエルビの「戦略のゴルフ ~藤田寛之のコースマネジメント~」という番組で、3月28日、29日の夜9時から二夜連続で放送されます。
この番組は、コースマネジメントをテーマに、過去の映像を見ながら僕自身が振り返って解説をするという内容です。ある程度ゴルフの経験を積んだ方はもちろん、僕がどう考えながらコースを回っているかに興味のある方にも楽しんでいただけるんじゃないかと思います。

ボールを打たずに話をするだけの番組出演というのは珍しいのですが、それ以上に珍しかったのが、僕がホスト役になってゲストに俳優の冨家規政さんをお迎えするという立場になっていることです。ご興味のある方は、ぜひご覧になってください。

さて、肩の痛みの方ですが、良くなってきたのでボールを打ってみたところ、まだ若干痛みがありますね。骨や腱に異常がないのはハッキリしているのですが、少しでも痛みがあると不安ですね。痛くなければ骨が折れていたって構わないんですけどね(笑)。
開幕まで1カ月を切りました。トレーナーや理学療法士さんの助けも借りつつ、しっかりとケアしたいと思います。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

前へ