藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2016.12.27更新

藤田ワインで今年の“おさらい”。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita144

2016.12.27 this week Fujita 144

最近はコンペや撮影が多かったですね。
チームセリザワカップもあり、普段サポートをしていただいている皆さんと交流させていただいたほか、毎年恒例の「宮本勝昌プロを励ます会」もありまして、その時にみんなが集まるもんですから、忘年会的なことをやるのがいつもの私の年末です。

ひとりひとり、今年の具合と来年の抱負を語りつつ、本坊酒造さんで作っていただいた私のオリジナルワインを飲みながら乾杯し、ゆったりとした時間を過ごしました。
皆さんも、良いお年をお迎えください。

藤田寛之オリジナルワイン「Hiroyuki Fujita Special Select」
http://www.hiroyuki-fujita.com/wine/

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2016.12.16更新

年末のお仕事モード。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita143

2016.12.16 this week Fujita 143

シーズンも終わり、毎日コンペやイベント、収録といったお仕事をやらせていただいております。

先日はチームセリザワの番組で、元巨人軍監督の原辰徳さんと収録をご一緒させていただきました。
原さんの人間性というか、大きなことをなしとげられた方のオーラや雰囲気を感じ、かつ非常に爽やかなお人柄に「自分もそうなりたい」と思いながら番組の収録をしました。
「シーズンお疲れ様」とねぎらいの言葉をいただけたのは嬉しかったですね。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2016.12.09更新

藤田は、まだまだ行ける。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita142

2016.12.09 this week Fujita 142

皆さんご存知の通り、「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の結果は14位タイでした。もうちょっといきたい感じはありましたけど、初日から少し出遅れてしまい……しかし順位は20位以内には入れました。
最終的に昨年出られなかった舞台に立てたことは良かったですし、来年もここでプレイしたいなと思える、満足のいく大会となりました。

終わりよければ……みたいな部分はもちろんありますが、去年から今年の秋口にかけての不調やストレスは、選手生命の中でも最近ではなかったことでした。
自分の中で考えながらよくしていくことを意識して臨んだシーズンでした。

まだまだ自分では喜ぶことはできません。「もう少しできるんじゃないか」と、来年に臨めたらと思っています。
そして、苦しい状況から抜け出し、応援してくださる皆さんにスッキリしていただける結果を出していければと思います。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局