藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2017.05.30更新

1打差の夢舞台。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita159

2017.05.30 this week Fujita 159

先週の「ミズノオープン」は35位タイでした。全英オープンの予選も兼ねているとあって、日本ではあまりないリンクスコース特有の強い風に、自分の調子の悪さも相まって、2日目にスコアを崩してから持ち直すことができませんでした。
ショートゲームが得意な選手と回ると、自分の悪さが目についてしまいますね。やはり今は思い描いていることとのギャップがあり、それを埋めるべく、試合中にスイングを変えたりと試行錯誤しながら戦っている状態です。

宮里藍さんの引退。お疲れ様でした。モチベーションの維持が難しくなったということでしたね。私も年齢を重ね、体力や技術の衰えを感じながら、上手くいかなくなることが多くなってきて、モチベーションは減っていっているのが事実です。でも、応援してくれるファンであったり、周りのサポートがあり、何より自分がゴルフが好きだから、何とか続けていられるんだと思います。もうすぐシニアの年齢になりますが、レギュラーのシードを取り続けるというのが当面の目標の一つですね。

今週の試合が終わるとツアーとしては約1ヶ月のお休みです。イベントなんかも結構あるんですが、関節に油を足すと言いますか、トレーニングも含めて身体のメンテナンスをしっかりとやって中盤戦に向かいたいと思います。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.05.25更新

1打差の夢舞台。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita158

2017.05.25 this week Fujita 158

先週の「関西オープンゴルフ選手権競技」は結果としてはギリギリOKラインの17位タイ。
3日目がすごく良く、その流れでTOP10、TOP5というところを狙って行きたかったのですが、最終日はショットがイマイチで。スッキリはしない後味となってしまいました。

今シーズンから同じヤマハの契約選手となった今平周吾プロが待望の初優勝。プロ入りからずっとお世話になり、半分メーカー側の人間として、嬉しいニュースでした(笑)。これで「WINNING 10 PROJECT」は2勝目。どうにかして自分も1個乗っかりたいと思います。

明けて月曜日は、1日で36Hという過酷な戦いの「全米オープン」最終予選。あの大きな舞台にもう一度立ちたいという思いで頑張りましたが、悔しい1打差で出場権は得られませんでした。やはり簡単に行けるところではないですね。日本から行くことになった3人はTOP10に入れるポテンシャルがあると思いますので、出場だけでなく結果を残してきてくれると思います。

4大メジャーは基本ライブで、テレビにかじりついて観てしまいます。根っからのゴルフ好きなんでしょうね(笑)。


WINNING 10 PROJECT|YamahaGolf ヤマハゴルフ
http://golf.yamaha.com/winning10/index.html

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.05.17更新

噛みしめる苦み。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita157

2017.05.17 this week Fujita 157

今年は沖縄で開催された「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」では残念ながら予選落ちでした。グリーン上がダメで、初日はなんとかなったのですが、2日目に我慢がしきれずにスコアを落としてしまいました。

20年くらいツアーでやってますが、パッティングは今シーズンが一番良くない状態かもしれません。毎週自己分析をして、課題を見つけ練習していますが、なかなか結果に繋がってくれません。長引くと精神的にも良くないので、早めに修正したいところです。

先々週(中日クラウンズ)、先週(日本プロゴルフ選手権大会)と、谷口徹プロが優勝争いをしていましたね。ここ数年、同じく苦労されていましたが、自分のスタイルを取り戻されたように感じます。ツアーでも数少ない年上が頑張っていると、自分ももっとやれると勇気づけられます。今年は2人ともお世話になっているヤマハの契約選手で年間10勝の目標がありますから、お互いにまだまだ頑張らないといけませんね。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2017.05.11更新

はじめました。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita156

2017.05.11 this week Fujita 156

先週は「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」のイベントで、選手の夫人がプレーをして選手がキャディをする「WIVES(ワイブス)コンペ」というのがありまして、3回目の出場で妻が初優勝を飾ることができました。1ホールに1回だけプロのお助けショットができるんですが、少しばかりは力になれたんじゃないのかなと思います。
今回は次男も会場に来てくれて、久しぶりに家族にプレーする姿を観せられたのでちょっとした家族交流ができて良かったですね。ツアー中はそういう機会をなかなか作れないので…

そういえば、今さらながらInstagramを開設しました。これまでもFacebookページやTwitterなどやらせてもらってきましたが、こちらではより身の回りの、プライベートな情報をお伝えしていけたらと思っています。

@fujita_golf_official

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局