藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.04.25更新

やりがいを感じるコース。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita190

2018.04.24 this week Fujita 190

先週の『パナソニックオープン』は、あと1打届かず予選落ちとなってしまいました。
初日はいいショットがあったり、グリーンを外しても上手く処理できたりで、コース難易度を考えてもいいプレーができたと思っています。2日目も前半は悪くなかったのですが、終盤、特に8番で池に落としてしまったのが致命傷になりました。あと1打、なんですが、追い上げていってのあと1打と、崩れてしまってのあと1打では気持ちも違います。終盤が悪いというのはあまり良くありませんね。
と言っても、反省点も悔しさもありますが、自分のやったことですし、終わったことなので仕方ないです。

次戦『中日クラウンズ』が行われる「名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース」は、僕の好きなコースです。
距離はさほどありませんが、狙ったところに運ばないとスコアが伸びないという、戦略性を求められる、競技志向の高いゴルフコースなんです。どこのコースでもそうですが、ここは特に頭と体の両方が要求される場所で、まぐれとか、たまたまがないんですね。だからこそ、やりがいを感じるコースなんです。

なにしろ、予選落ちばかりでは賞金ももらえません。会社に行って働いているのに給料がもらえないのでは、困ってしまいますからね(笑)。
何かが特別に悪いという感じはしていないので、いつもと同じ準備をして、いつもと同じスタンスで、次の『中日クラウンズ』に挑みます。今度こそ予選を通って決勝ラウンドをプレーしたいところです。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.04.17更新

あきらめの悪い男。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita189

2018.04.17 this week Fujita 189

いよいよ国内ツアーが開幕しました。
しかし、開幕戦である『東建ホームメイトカップ』は、5オーバーで予選落ちという結果に終わってしまいました。残念です。

初日は全体的に上手くいかず、1バーディ6ボギーと苦戦しました。
それでも、初日が終わってからショットのイメージを変え、2日目は18ホールすべてパーというところまで持ち直しました。風が強い中で、頑張れば可能性があるかなと思っていたのですが、バーディチャンスを逃したりもあり、結果イーブンでのホールアウトでした。
満足はできませんでしたが、初日よりはマシだったかな、というところです。オフに追い込めなかった分がそのまま結果に出てしまったと感じています。

とは言え、前は向いています。基本的に後ろは向かないですし、向く必要もありません。常にそうやって歩んできたゴルフ道ですから。
終わったことは仕方ないので、次の『パナソニックオープン』では、予選をクリアして決勝に残り、4日間プレーして少しでも上位に行けるように頑張ります。

ケガと付き合っていくしかない、そういう年齢だし、そういうシーズンなんでしょう。それをどう克服するか、どう突破するかを考えていかなければ。
僕はあきらめの悪い男ですからね。「もうダメだ」とは、そうそうなりませんよ。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.04.11更新

やっぱりゴルフは難しい。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita188

2018.04.11 this week Fujita 188

先週末に行われたマスターズ、みなさんはご覧になりましたか? 今年もいいゲームでしたね。見ているとワクワクして、感動を覚えました。最終日のスピースの追い上げは信じられないものでしたし、逃げるリードの緊張は想像を絶するものだったと思います。

僕の方は、マスターズと同じ日程で『岐阜オープンクラシック』に出場して、2オーバーの39位タイという結果でした。できればアンダーパーで終わりたかったので、この結果は残念です。
ただ、ケガに苦しめられたオフシーズンでしたから、ゴルフができていることはうれしく思っています。久々に実戦の場に立って感じたのは、やっぱりゴルフは難しいなということです。練習と試合が全然違うのも改めて感じました。練習のときに持っているイメージも、試合をやるとわけがわからなくなってきてしまって。

今週はいよいよ開幕戦である『東建ホームメイトカップ』を迎えます。
昨年のこの大会では、11アンダーで4位タイといい成績を収められました。パターがすごく良かったのを覚えています。でも、コースは難しいですし、むしろ得意ではないコースなんですよね。だから、今年は今年。前年度がどうだったかはあまり関係ないと思っています。

実を言うと、ゼロからのスタートになる開幕時には、自信があったためしがありません。今も不安です。とはいえ、時間は待ってくれませんから、一打一打を無駄にしないように、という気持ちをベースに進んでいきます!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.04.05更新

動かなくなるまで。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita187

2018.04.05 this week Fujita 187

先週末は女子ツアー『ヤマハレディースオープン葛城』のテレビ解説に呼んでいただきました。なにしろホームコースである葛城ゴルフ倶楽部が舞台でしたので、コースの説明などを中心にお話ししました。
プロアマにも出場し、出場プロ全員とツーショット写真を撮らせてもらいました。僕のフェイスブックで公開しています。あれ、実は僕の発案でやったんです。

さて、ツアー開幕戦の『東建ホームメイトカップ』は4月13日からですが、その前、つまり今週末は『岐阜オープンクラシック』に参戦します。
われわれプロゴルファーは、練習で上手なのは当たり前です。大事なのは本番でいかに結果を出すかということで、そのためには本番をたくさん経験しないといけません。岐阜オープンはツアー開幕直前の実戦なので、試合の中でどんなゴルフができるか、自分がどんなコンディションなのかを確認できる場です。しばらく試合をしていないので、試合勘を取り戻す機会でもあります。

ちなみにこの岐阜オープン、日程的にはマスターズと重なっているんです。なのでマスターズを生中継で見られないのはちょっと残念なのですが(笑)。
マスターズは高校時代から欠かさず見ているので、今年も楽しみにしています。「どんな感動があるだろう」と一ゴルフファンの目線でも見ますし、「あそこは、ああだったな」と出場経験者の目線でも見るでしょう。

それから、長らく皆さんを心配させてしまっていた肩の痛みですが、だいぶ良くなってきました! まだ気にはなりますが、練習もできますし、喜んでます。
開幕前のこの時期は毎年、「今年はどうなるんだろう」と不安です。
今は逆に開き直っています。ここまで来たら、やるしかありませんからね! 動かなくなるまでやりますよ!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局