藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.01.30更新

心の奥にしまって。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita178

2018.01.30 this week Fujita 178

先週の『レオパレス21ミャンマーオープン』は残念ながら2打足りず、予選落ちとなってしまいました。
前週の『SMBCシンガポールオープン』が行われたセントーサゴルフクラブ同様、今回のパンラインゴルフクラブも、日本にはなかなかないようなコースでした。ハザードが効いていて戦略性の高い、非常にやりがいのあるコースです。
その分、ショットの正確性を求められたり、グリーンが硬くて止まりにくかったりと、ミスショットがはっきりと結果に出てしまうコースでもありました。

自分が出られなかった最終日はテレビで観戦しました。日本人選手を応援したり、彼らの攻め方を研究したりしながら、ですね。そのころにはもう落ち込みはなくなっていました。予選落ちしたその日は悔しい気持ちもありますが、現実として受け止めないといけませんからね。終わったことは仕方がないので、悔しさは起爆剤として心の奥にしまって、次に向かっていきます。

負けた試合から学ぶべきものは多いので、そういった課題を自分の栄養に変えていかなければいけません。次の試合『東建ホームメイトカップ』まではだいぶ時間が空きますので、1年間戦える体を作って、自分のゴルフを目指していくつもりです。
来週からはハワイに行って、パーリーゲイツさんのコンペに出て、その後はTEAM SERIZAWAのキャンプを行う予定になっています。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.01.24更新

どこであっても。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita177

2018.01.24 this week Fujita 177

「SMBCシンガポールオープン」が終わり、次の「レオパレス21ミャンマーオープン」に向け、ミャンマーに入っています。今回の写真は、シンガポールでは有名なシーフードレストラン「JUMBO」にいったときのものです。

シンガポールオープンでは初日こそよかったものの、2日目、3日目にミスショットが出てしまいました。舞台となったセントーサゴルフクラブは難易度の高いコースなので、やりがいはありますが、調子が少し悪いとスコアを崩しやすいコースでもあります。

33位という順位には不満がありますが、4日間プレーできたことは良かったかなと思います。自分のプレーもですが、天候の問題もあって毎日サスペンデッドでしたので。おかげで7時40分スタートというスケジュールがあり、4時ごろに起きて夕方までプレーですからね。かなり疲れましたよ。リスタートのときは筋肉がギシギシ言っているのが分かるほどでした。疲労度で言うと、今まで出てきた試合の中でも上位に入るんじゃないでしょうか。体調は問題ありませんが、年齢を感じてしまいます。

次のミャンマーも暑いんですが、シンガポールとは違って湿気のない暑さです。日本とは違う環境が続きますが、ゴルフ場の中では関係ありません。コースに出たらボールをひたすら打って、穴に沈める。どこにいてもやることは同じで、「ゴルフは世界共通なんだな」と改めて感じています。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.01.17更新

8月のような暑さ。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita176

2018.01.17 this week Fujita 176

だいぶ遅くなってしまいましたが、2018年もよろしくお願いいたします。
今年も年齢と戦いながら、ゴルフ道をしっかりと邁進していきたいと思っています。応援してくださる皆さんへの恩返しは結果を出すことだと思いますので、再び優勝カップを持つ姿を見せられるように頑張ります。

そんなことを言いつつ、今週末からの「SMBCシンガポールオープン」のため、僕はすでにシンガポールに来ています。 練習ラウンドが終わると、手のひらが真っ赤で痛くなっていました。毎年シーズンの初めにはなることなんですが、試合に臨むスイングの力感というのはスゴイなと改めて感じています。

こちらは蒸し暑くて、日本の夏のような感じです。今は雨期らしく、雨が多くて雷もよく鳴っています。でも、晴れると8月のような暑さです。
寒くて乾燥した日本から急にそんな場所に来たので、体にはキツイですね。でも、そこにアジャストするのもプロゴルファーの仕事の内でしょう!

年末年始は挨拶回りやコンペ、イベントなどで忙しかったので、正直、試合のための準備はやりきれていません。「欠場すれば?」と思う方もいるかもしれませんが、自分はプロゴルファーなので、トーナメントが職場です。特別な理由がない限り、出場しないという選択肢はありません。会社に行かない会社員がいないのと同じです。せっかくシンガポールまで来ましたから、しっかり4日間プレーできるように頑張ります!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局