藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2022.05.17更新

3人もホールインワンが。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita390

2022.5.17 this week Fujita 390

先週の試合の舞台だった大洗ゴルフ倶楽部に続き、今週も茨城県の取手国際ゴルフ倶楽部で試合がありますので、自宅には帰らず茨城に残って次戦に備えています。

前戦の『アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ』は、初日と2日目はいいプレーができて15位タイで予選を通過しました。でも、3日目以降は上手くいかず最終的には43位タイでした。3日目の途中くらいからズレ初めて、元に戻らなくなってしまった感じです。練習でやってたことが試合で崩れるのはよくあることですが、調子がいいときは悪くなっても修正できます。でも、今みたいに状態が良くないとああいう風になってしまいますね。
そういう中でも、最終日にアンダーで回って順位を上げて終われたのは、頑張ったと評価できるかなとは思っています。

ところで、今回の大会では3人もホールインワンが出たんですが、初日の片岡尚之プロは同じ組でした。入るところは見えませんでしたがギャラリーの反応で分かって、「良かったね!」なんて言ってました。3日目の時松隆光プロのホールインワンは、別組でしたがコースの位置関係で近くにいて、カップインの瞬間を目撃しました。人のいいところばかり見ていてもしょうがないんですけど(苦笑)、2つのホールインワンを近くで見ることができました。
ちなみに僕はホールインワンは多い方で、アマチュア時代やプライベートでの達成も含めて20回前後やっていると思います。15回まではちゃんと数えてたんですけどね(笑)。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2022.05.10更新

いつもと違った刺激を受けて。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita389

2022.5.10 this week Fujita 389

先週は3回目のワクチン接種がありましたが、予想以上に副反応がありませんでした。打った翌日の夜に「ちょっと熱っぽいかな?」と思って測ったら36度7分でしたから(笑)、幸い何事もなくトレーニングも練習もこなすことができました。
練習では芹澤プロからいただいたテーマに沿って、「こうなのかな」とか「こっちかな」とか考えながらそればっかりやってました。上手くいっているかどうかは、試合をしてみないと分からないです。そんなに簡単にはいかないと思いますけど、今までと違うものが見られたらいいなと思います。

今週は『アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ』。過去に優勝2回、プレーオフで敗れたのが1回と相性のいい試合ではあります。ただ、だいぶ時間が経ってますからね。今は自分のゴルフもバリバリではないので関係ないです。前回優勝者も、シードがある選手もない選手も、みんな同じスタートラインから始まりますから。
この試合はアジアンツアーと共催で、普段は会わない選手も一緒なので雰囲気も若干違います。海外の選手が日本に来てプレーするというのも久々のことでしょうし、いつもと違った刺激を受けてやれるというのは楽しみですね。

海外の選手もそうですが、お客さんが入るのが当たり前に戻りつつあるのもうれしいです。やっぱりトーナメントなので、みなさんに見られる中で緊張感や集中力を持ってプレーできるのはいいですね。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2022.05.04更新

とにかくそれに集中します。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita388

2022.5.4 this week Fujita 388

今週末は試合がないので、このタイミングで3度目のワクチン接種を済ませてきました。シーズン中はタイミングに気を遣いますね。強い副反応が出ないといいんですが。

さて、先週の『中日クラウンズ』は残念ながら予選落ちとなってしまいました。
初日は悪いながらこらえてイーブンパーでフィニッシュしたのですが、2日目は風もあって、ショットが悪くなったりアプローチでカバーできなかったりと苦しいゴルフで6オーバー。85位タイで終わってしまいました。ショットは特に悪く、先週の感覚はどこに行っちゃったんだろう、という感じでした。練習場ではできるんですが、本番で上手くいかないという流れですね。試合後、師匠・芹澤信雄プロに相談して練習テーマをいただけたので、今週はとにかくそれに集中します。

中日クラウンズでは同級生の桑原克典プロのほか、若手の上田敦士プロと一緒の組でした。上田くんは何かにぶつかっていこうという姿が素直にプレーに出ている感じで、見ていて気持ちいいですね。僕のことを「大好きなプロ」と言ってくれたそうで、もちろんうれしいですが、その反面いい姿をプレーで見せられていないのがもどかしいです。目の前で見せて「さすがだな」と思ってもらえたら良かったんですが。

その気持ちは応援してくださってる方にも同じで、思ったようなプレーがお見せできていないジレンマがあります。芹澤プロにもらったテーマを追求して、すぐによくならないにしても未来につながると思って練習を頑張ります。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ