藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2024.07.17更新

これがゴルフなんですね、としか。|藤田寛之からこぼれる言葉

2024.7.17 this week Fujita 499

先週は北海道で『長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント』でした。北海道は涼しくて湿度も低く、この時期は本当に過ごしやすいですね。
なんて思っていたら、体調を崩してしまいました。月曜には高熱が出てしまい、今も微熱です。今日(15日)は祝日で病院がお休みなので、明日行ってきます。僕自身の体感としてはそれほど疲れはなかったんですが、スケジュールはハードでしたからね。そういうことがあったのかもしれません。

試合の方はショットがなかなかうまくいかず、予選落ちとなってしまいました。ボギーの数はかなり抑えていると思うんですが、バーディの数が少な過ぎますね。そもそもバーディを狙えるチャンスが少ないです。分母を増やさないことにはダメですね。
全米シニアのときと何か変わっているんでしょう。コースや環境が違うので何とも言えませんが、バーディが減っているんですからそういうことでしょう。全米シニアのときと違うことをやろうとしているのであれば分かるんですが、同じことをやっているのに結果が違うわけです。これがゴルフなんですね、としかいいようがありません。

今週は試合がない分、取材やコンペなどのお仕事の予定が詰まっていたんですが、体調不良で何件かキャンセルになってしまいました。関係者のみなさんには申し訳ないです。
お仕事関係の方々にご迷惑をおかけしないためにも、その後の全英シニアオープンのためにも、まずは体調を回復させようと思います。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2024.07.08更新

何だかいつもと違う雰囲気でした。|藤田寛之からこぼれる言葉

2024.7.8 this week Fujita 498

今週は『長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップゴルフトーナメント』のため、北海道に来ています。実は今、ちょうど北海道に着いたところです。まだ空港から出ていないので分からないですが、涼しいことを期待しています(笑)。本州の暑さはちょっとヤバいですね。めちゃくちゃ暑いですし、湿気が耐えられないです。

先週の『日本プロゴルフ選手権大会 2024』は初日に9オーバーも打ってしまい、翌日は1つ取り戻したものの予選落ちとなってしまいました。アメリカから帰国して即試合という状況で、体的には正直きつい部分がありました。とは言え、もうちょい何とか修正できたんじゃないかなと反省しています。

全米シニアオープンの反響は思った以上に大きくて、いろいろな方に声をかけられました。先ほども飛行機の中で何度かお声掛けいただきましたよ。 日本プロの会場でも選手やキャディさんはほぼ全員が「よかったですね」とか「残念でしたね」とか言ってくれましたし、同年代の谷口プロや手嶋プロからも「見てたよ!」と言ってもらいました。
そんな感じだったんで、何だかいつもと違う雰囲気でしたね(笑)。優勝したときとも違う感じで、想像以上に反応してもらいました。

今週は、疲れの方はどうですかね。取れたのか取れてないのかよく分からないんですが(苦笑)、先週よりは楽になっているはずです。
セガサミーカップは優勝経験はありますが、だいぶ前ですからね。出場するメンバーも違うのでそれは何とも思ってません。推薦をいただいたことに感謝しながら、まずは予選突破を目指します!

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2024.07.04更新

最高到達点ですから。|藤田寛之からこぼれる言葉

2024.7.4 this week Fujita 497

『全米シニアオープン』を終え、空港到着後、1日延びたので、すぐに荷造りをして『日本プロゴルフ選手権大会 2024』に向かわないと思ってましたが、サプライズ会見をしていただきました。
師匠の芹澤信雄プロまでいらっしゃっていただき、スポンサーの皆様まで大勢お越しいただき、まさにサプライズでした。
感動したというお言葉を沢山いただき、2位でも何か報われた気持ちになりました。
とにかく嬉しかったですね。
体としてはしんどいですがこれも仕事(笑)。体調を崩さないように気を付けないと。

全米シニアについては、ご存じかもですが、はプレーオフの末、2位でのフィニッシュになりました。
海外メジャーはそこに出場できるよろこび、そこでプレーできる幸せを感じながらやっていましたが、目の前に具体的にタイトルがやってくるとなかなか冷静でいることは難しく、いろいろな思いや葛藤がありました。
大きなチャンスでしたから、終わってすぐは「残念」という気持ちが大きかったですね。でも、今まで30位にも入れなかった男が2位になれたんですから、素晴らしいプレーができたんだと思います。

4日目がサスペンデットになったことで「最終日前夜」を2回も過ごすことになり、いろいろ考えてしまいましたね。正直に言えば、5日目の立ち上がりにスコアを落としたのは精神的な部分が大きかったです。そんな中で「こんなもんだな」と開き直ったのが良かったのかもしれません。

試合後はスマホにもたくさんの連絡をいただきましたし、SNSなどを通じてメッセージもいただきました。すごい反響、想像以上の反応をいただいてビックリしました。
自分のプレーする姿を見て感動してもらう。それが僕のプロゴルファーとしての究極の目標です。今回それが本当にできたのだとしたら、自分にとっても最高到達点ですからうれしく思います。

さて、僕の気持ちはすでに日本プロゴルフ選手権にしか向いていません。
しばらくは周りがガヤガヤするでしょうが、藤田寛之自身はアメリカに行く前と今で何も変わっていません。変わっているとすれば時差ボケと暑さでダメージを食らっているくらいです(笑)。
こういう結果が出るとみなさん「何かつかんだ?」とか「次も行ける!?」というのを知りたがるんですが、僕にも分かりません(笑)。好結果で精神的には少し楽になる部分はありますけどね。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ