藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.09.25更新

1打足りず。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita212

2018.09.25 this week Fujita 212

先週は『アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ』に行ってきましたが、残念ながら予選落ちになってしまいました。前戦のフジサンケイクラシックに続き、カットラインに1打足りず、という形でした。なぜか、僕は昔から予選落ちするときは1打差が多いんですよ。

全体としては1バーディ4ボギー。難しくボギーが出やすいコースだったので、2日間でボギーを4つに抑えられたのは評価できるんですが、ちょっとバーディが少なかったですね。 相変わらずショットが良くなく、ほかの部分でなんとかカバーして、悪いなりに頑張ったんですが……という感じです。
練習グリーンで石川遼プロと一緒になって話をしたので、そのときの写真を貼っておきますね。

話は変わりますが、テレビに出演しますのでお知らせします。
BS12トゥエルビで10月6日の朝6時から『戦略のゴルフ』が放送されます。3月にも出演しましたが、今回は俳優の渡辺裕之さんとご一緒しました。非常にいい方ですし、体型も締まっていてすごくカッコイイ方です。
この番組は技術ではなく、コースのマネージメント、場面ごとにどういう考え方をすればいいのかなどをアドバイスする、ちょっと変わった角度からゴルフを楽しむ内容になっています。MCの方もいないので進行も僕がやりました。ちょっと気恥ずかしいんですが、ぜひ見てください。

さて、今週は『トップ杯東海クラシック』です。
いろいろと考えている余裕もないですし、いつも言っているように、自分のコンディションを戦えるレベルまで持って行きたいというのが一番です。4日間やりたいな(笑)と思っていますので、そうなるように頑張ってきます!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.09.19更新

難しい年齢。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita211

2018.09.19 this week Fujita 211

先週は『ANAオープン』が中止になりましたので、1週空きました。その間に体のトレーニングをしっかり、筋肉痛になるくらいにやりました。あまり動いてくれない体に刺激を入れるため、ダッシュやジャンプ、スキップなどいろいろと。写真はそのときの昼食風景です。

ゴルフ自体はあまりできなかったんですが、日本オープンの行われる横浜カントリークラブや、太平洋マスターズの行われる太平洋クラブ御殿場コースでラウンドして、太平洋クラブでは芹澤さんにも見ていただきました。あとは葛城で9ホール回ったくらいですね。意図して減らしたわけではなく、たまたまそういうスケジュールになっただけです。

もうちょっと練習したい気持ちもありましたが、最近は左手の指が痛かったりもあって、やり過ぎもよくないと。今のところは大きなケガではないですが、無理をするとゴルフができない状態になってしまうような年齢ですからね。痛みも取れにくいですし、かといって試合の間隔が空くとスイングのスピードも落ちちゃいますし、いろいろと難しい年齢なんでしょうね。まぁ、こればっかりは誰でもぶつかる壁です。僕はむしろ遅い方で、多くのプロゴルファーは40代に入ったくらいに感じるんじゃないでしょうか。その辺は、上手く付き合ってやっていくしかありません。

週末の『アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ』は、いつも通りまずは予選を通過して、一つでも上の順位を目指します。「どうやったら自分のゴルフは良くなるんだろうな」と考えながら(笑)、頑張ってきます!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.09.11更新

職人の幸せ。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita210

2018.09.11 this week Fujita 210

今週末は北海道での『ANAオープン』が予定されていましたが、ご存知のように地震の影響で中止となりました。長くプロゴルファーをやっていますが、大会自体がなくなったのは初めてだと思います。
ある程度落ち着いた後に僕たちが元気の材料になったり、励ましになったりすればいいのですが、今はまだそういった状況ではないですね。被災された方々が、一日も早く普段の生活に戻れるように願っています。

そういうわけで、今週は練習とトレーニングで相変わらずの日々を過ごす予定です。
なんとか調子を上向けようと、先週も今週も師匠である芹澤信雄プロに見てもらったり、以前にコーチをしてもらっていた大庭啓さんに見てもらったりしています。

今年は今まででダントツに良くない年で、応援してくださっている皆さんに残念な思いをさせていることは辛いです。でも、僕自身は悲観的にはなっていません。
成績が出ない中で日々考えたり、工夫したり、努力したりするのって、すごく幸せだと思うんですよ。悩んで這い上がることも幸せです。自分の技を磨き続けることもプロゴルファーとして幸せですし、レギュラーツアーに出てプレーできていることも幸せだと感じています。
僕は「職人」ですから、結果が出ないときには自分を見つめ直して、今の状態から一つずつ良くしていきます。自分のゴルフができれば、成績がついてくるのも分かっています。

限界はあるかもしれませんが、気力も熱意もありますし、サポートしてくれている方に恩返しをしたい気持ちもあります。つまり、競技者としての気持ちはまったく失っていません!もしかしたら、その部分はデビューしたころから変わってないかもしれないです。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2018.09.04更新

36ホールの積み重ね。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita209

2018.09.04 this week Fujita 209

去る8月28日は、宮本勝昌プロの誕生日でした。誕生日会というほど特別なことはしませんが、仲間の誕生日がある週にはケーキを用意してお祝いをしています。もう彼とも20年くらい一緒にいますが、いよいよ40代後半ですね。

さて、先週の『フジサンケイクラシック』は、予選を通過することができませんでした。非常に残念な結果です。
今回はショットが悪すぎました。最後は自分でもどうしたらいいか分からなくなるほどで、2、30点しかあげられない出来でした。

金曜日の終盤が中継に映っていたそうですね。自分自身でも把握はしていたんですが、カットラインすれすれのスコアで最終ホールに行きました。最後のバーディパットが入っていれば、と思った方もいると思います。確かにそういう部分がクローズアップされがちなんですが、結局はそこまでの36ホールの積み重ねです。
初日の5番ホールで林に入れてしまい、出すのに2打かかってトリプルボギーだとか、2日目の17番で木の裏に入ってしまい、木に当ててOBだとか、なんとも表現しにくいこともありましたしね。

今週末のマッチプレー選手権は出場しませんので、また1週空きます。
次の試合は来週末の『ANAオープン』です。開催地の北海道は気候もいいし、食事もおいしいですから、好きな土地です。それまでは、トレーニングをして体に刺激を入れながら、しっかりと準備を進めていきたいと思います!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局