藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.09.11更新

職人の幸せ。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita210

2018.09.11 this week Fujita 210

今週末は北海道での『ANAオープン』が予定されていましたが、ご存知のように地震の影響で中止となりました。長くプロゴルファーをやっていますが、大会自体がなくなったのは初めてだと思います。
ある程度落ち着いた後に僕たちが元気の材料になったり、励ましになったりすればいいのですが、今はまだそういった状況ではないですね。被災された方々が、一日も早く普段の生活に戻れるように願っています。

そういうわけで、今週は練習とトレーニングで相変わらずの日々を過ごす予定です。
なんとか調子を上向けようと、先週も今週も師匠である芹澤信雄プロに見てもらったり、以前にコーチをしてもらっていた大庭啓さんに見てもらったりしています。

今年は今まででダントツに良くない年で、応援してくださっている皆さんに残念な思いをさせていることは辛いです。でも、僕自身は悲観的にはなっていません。
成績が出ない中で日々考えたり、工夫したり、努力したりするのって、すごく幸せだと思うんですよ。悩んで這い上がることも幸せです。自分の技を磨き続けることもプロゴルファーとして幸せですし、レギュラーツアーに出てプレーできていることも幸せだと感じています。
僕は「職人」ですから、結果が出ないときには自分を見つめ直して、今の状態から一つずつ良くしていきます。自分のゴルフができれば、成績がついてくるのも分かっています。

限界はあるかもしれませんが、気力も熱意もありますし、サポートしてくれている方に恩返しをしたい気持ちもあります。つまり、競技者としての気持ちはまったく失っていません!もしかしたら、その部分はデビューしたころから変わってないかもしれないです。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局