藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.04.25更新

やりがいを感じるコース。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita190

2018.04.24 this week Fujita 190

先週の『パナソニックオープン』は、あと1打届かず予選落ちとなってしまいました。
初日はいいショットがあったり、グリーンを外しても上手く処理できたりで、コース難易度を考えてもいいプレーができたと思っています。2日目も前半は悪くなかったのですが、終盤、特に8番で池に落としてしまったのが致命傷になりました。あと1打、なんですが、追い上げていってのあと1打と、崩れてしまってのあと1打では気持ちも違います。終盤が悪いというのはあまり良くありませんね。
と言っても、反省点も悔しさもありますが、自分のやったことですし、終わったことなので仕方ないです。

次戦『中日クラウンズ』が行われる「名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース」は、僕の好きなコースです。
距離はさほどありませんが、狙ったところに運ばないとスコアが伸びないという、戦略性を求められる、競技志向の高いゴルフコースなんです。どこのコースでもそうですが、ここは特に頭と体の両方が要求される場所で、まぐれとか、たまたまがないんですね。だからこそ、やりがいを感じるコースなんです。

なにしろ、予選落ちばかりでは賞金ももらえません。会社に行って働いているのに給料がもらえないのでは、困ってしまいますからね(笑)。
何かが特別に悪いという感じはしていないので、いつもと同じ準備をして、いつもと同じスタンスで、次の『中日クラウンズ』に挑みます。今度こそ予選を通って決勝ラウンドをプレーしたいところです。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局