藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.07.04更新

祝200回。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita200

2018.07.04 this week Fujita 200

この「藤田寛之からこぼれる言葉」、今回で200回目となりました。いつも読んでくださってる皆さん、ありがとうございます!
2013年10月30日が第1回でしたので、5年弱かけての達成です。回を重ねていくというのはいいですね。ここにあるのは記録や数字だけでなく、僕の中にある言葉です。普段は忘れていってしまうこともありますから、日記みたいで自分自身にとっても有り難い存在です。いつか、シニアに行ったり、引退したりしたときに読み返したらいろいろと感慨深いだろうな、なんて思ったりもしています。

さて、試合のなかった先週は、前回もお話しした通り、師匠・芹澤信雄プロに練習ラウンドを周っていただきました。同じTEAM SERIZAWA の西山ゆかりプロ、岡崎錬プロも一緒でした。
いつも明るい師匠には「ははは、ひでーな」と笑われてしまいましたよ(笑)。こちらからいろいろ聞いたり、師匠から「こうなってるね」とか「こうしたら?」とかアドバイスをもらいながら進めていきました。具体的には構えに関する部分が多かったですね。
向かうべき方向性は示してもらえていますので、それを安定的に自分のものにできるかどうかです。言われた意味を理解してスイングに落とし込むことができれば、結果はついてくるはずです。

まずは今週末の『長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ』。いつもと同じ心持ちで、挑みたいと思います。ちょっとお天気が心配ですが、この時期の北海道は晴れると気持ちがいいので、晴れることを祈っています!

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局