藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.08.21更新

18年間育った感覚。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita207

2018.08.21 this week Fujita 207

週末の『RIZAP KBCオーガスタ 2018』に向け昨日、地元・福岡に入りました。台風が来ているようですが、今のところは晴れていてとても暑いです。

先週の月曜日、お世話になっているパシフィックウエーブさんのコンペに参加しました。写真はそのときのもので、以前にアルバトロスを達成したときに作っていただいたプレートの前で田中社長とのツーショットです。

先週はシニアトーナメントのファンケルクラシックでの解説もありました。レギュラーツアー並みか、それ以上のお客さんの数でしたし、試合自体もプレーオフまでもつれる接戦で、かなり盛り上がりました。1時間あった延長放送枠を使い切るほどでしたよ。
アマチュア枠で出場していた原辰徳さんにも、ホールアウト後にご挨拶しました。何度かお会いしたことはあるんですが、オーラのある方で会うたびに緊張しまくりです。僕が中学生のころだったかな、原さんがデビューしたころに福岡の平和台球場に見に行ったことを今でも覚えています。

さて、今週からはツアーが再開されます。
まずは故郷での一戦です。実を言うと、もう静岡で暮らしている期間の方が長くなっているんですが、それでもやっぱり福岡は特別ですね。生まれてから18年間育った感覚が今の年齢になってもあります。九州の言葉や食べ物、人の接し方とか、すごく好きなんです。
海外メジャーに行くと自分が日本人であることを感じるように、大きさは違えど福岡に帰ると福岡の出身なんだと感じます。

心持ちとしてはいつもと同じではありますが、応援も多くしていただけますし、取材が増えたり、CMに映していただいたり、注目してもらえるので頑張れたらいいなと思います。

 

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局