藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2018.12.25更新

職人として。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita225

2018.12.25 this week Fujita 225

毎年クリスマスイブはお休みで、今年も例によってオフでした。
午前中はクリスマスケーキを作る奥さんの手伝いをして、その後は葛城の研修生から一緒に回ってほしいと頼まれたので、練習ラウンドをしてきました。
毎年のことですが、自宅でゆっくり過ごすのは大晦日と元日くらいですね。

さて、この「藤田寛之からこぼれる言葉」、年内はコレが最後の更新となります。
シーズンが終わってちょっと経ってしまいましたが、今年もたくさんの応援をいただきありがとうございました。
僕はファンを増やそうという目的で何かをしたことはありませんから、今も僕を応援してくださっている方の多くは、藤田寛之がゴルフに取り組む様を見て応援してくれているのかなと思っています。まぁ、正確にはわかりませんけど(笑)。

賞金王を獲った後、今思えば「結果」を出すことにとらわれ、キツイと感じていたこともありました。試合に対する思いが変わっていた部分もあったのかなと思います。でも今は、しがらみもなく自分のゴルフをしていけばいいんだと思っていますし、自分の取り組みに集中して、楽しめるようになりました。
この年齢になってレギュラーにしがみついて、時には優勝を目指し、時には予選落ちすれすれで頑張っているベテランの姿に、何かを感じてもらえているならうれしいです。

今は本物が失われていく時代だと思うので、古臭いかもしれませんが、僕はいつまでも本物でありたいです。 これからも、ゴルフ道を行く職人として、自分を磨き続けていきたいと思います。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局