藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2019.01.31更新

前向きな変化。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita229

2019.01.31 this week Fujita 229

みなさんもご存知だと思いますが、僕は今年の6月に50歳になります。
というわけで、シニアツアーにも参戦できるようになるのですが、記者さんに聞かれたときなんかは「タイミングが合えば出たいです」と答えてます。

昔は怖かった先輩たちも笑顔でやっているようなイメージ(笑)で、興味がありますし、出てみたいと思っています。
僕自身の中でも、年齢を重ねるにつれ、人生一回だけだし、今まで頑張ってきたんだからちょっと手綱をゆるめても、なんて思うようになってきました。
そういう変化はいやではなくて、前向きな変化ととらえています。今年迎える50歳のラインもきっと何かあって、そこでまた明らかに変わることがあると思っていますし、どう変わっていくのかに興味もあります。
でも、スケジュール的に、今年は出られても1試合くらいなんじゃないかなという感じなんですよね。

ただ、シニアの大会に出ることがあっても、気持ちの99%はレギュラーツアーにあります。最高峰の人たちが集まってくるレギュラーツアーは一番の目標で、全力を注いでいくことに変わりはありません。年を取ってる50歳ではなく、「本物」を目指して上がっていく、今まで通りの50歳になります!

その一方で……、という感じでシニアの大会に出られたらいいなと思います。昔みたいに師匠・芹澤さんと一緒に回ったりというのも楽しみの一つですしね。
もし、シニアに出ることになったらルーキーですから、とにかく頭を下げまくらないといけませんね(笑)。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局