藤田寛之から
こぼれる言葉SPECIAL CONTENTS

2021.06.30更新

もう一花咲かそうと。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita348

2021.06.30 this week Fujita 348

今週はすでに次戦『日本プロゴルフ選手権大会』の開催地、栃木県に入っています。というのも先週は福島県での『ダンロップ・スリクソン福島オープン』だったので、地元には戻らずにそのまま移動しました。

先週の試合では約1カ月ぶりに予選を通り、4日間プレーができました。2日目にはうれしいイーグルが出ましたし、4日間ともにアンダーパーで回ることができましたが、調子の方は相変わらず迷路の中といった感じです。1打変われば予選落ちという位置でしたから、本調子には程遠いですね。
傍から見たら落ち込んでるように見えるかもしれないですが、そんなことはありません! ハイレベルなレギュラーツアーでもう一花咲かそうと思いながらトレーニングもしてますし、若手にも負けないくらい練習していますよ(笑)。

今日もしっかりトレーニングをしてきました。地元に帰っていると葛城の施設でできるんですが、遠征先では運動公園のような場所を自分で探してやっています。テニスコートくらいの広さの芝生の広場があればいいんです。今はスマホを使って見つけられるので便利ですね。昔はホテルの人に聞いたり、車でグルグル回って探していました。
以前はホテルの周りでジョギングしたりしていると声をかけられることもありましたが、最近はあまりないですね。知らない人から見たら「頑張ってるおじさんがいるな」くらいのものでしょう。でも、よく見たら並みのおじさんじゃないですけどね(笑)。

さて、今週末の日本プロゴルフ選手権大会もお客さんが入るそうです。少しずつですが、本来の姿に戻って行っているような感じがします。まだまだ制限はありますが、雰囲気は良くなりますし、応援してもらえるのはうれしいです!

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.06.22更新

違いが出てくれればいいな。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita347

2021.06.22 this week Fujita 347

試合のなかった先週はトレーニングや練習、取材やBK GOLF CHANNEL の撮影などをして過ごしました。誕生日もありましたが、特に何もなく(笑)普段と変わらない1日でした。もうお祝いしてもらう年でもないですからね(笑)。
楽しみにしていた釣りは、天気が悪く中止になってしまいました。竿も道具箱も酔い止め薬も用意してやる気満々だったんですが……。

全米オープンもテレビで観戦しましたよ。いつ寝てていつ起きているのか分かんなくなっちゃいながら見ていました。
日本人も頑張ってましたね。選手はもちろん、浅地洋佑プロについていたキャディの野村拓矢くん。彼には今年、バッグを担いでもらいました。あの世界の舞台を経験するのはキャディにとっても有意義な財産になりますから、選手と一緒に応援していました。
あの舞台を経験したから分かることもありますし、独特の雰囲気も思い出されて楽しかったです。大歓声で鳥肌が立ったのもよく覚えています。

そうそう、大歓声とはいかないかもしれませんが、次の『ダンロップ・スリクソン福島オープン』でも各日1000人の観客が入るそうです。
見にきた人には楽しんでもらい、やる方は見てもらえる喜びを感じ、興行としても売り上げが立つわけですから、誰にとってもプラスです。いろいろ大変ですが、少しでも本来の形に近づけるのは張り合いがありますね。
先週は芹澤さんに言われたこと、指摘されたことを整理しながら練習しました。一呼吸置けたことで違いが出てくれればいいなと思いながら、福島へ行ってきます!

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.06.15更新

今週は試合のない週です。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita346

2021.06.15 this week Fujita 346

開幕から続いていた連戦も終わり、今週は試合のない週です。でも、トレーニングして、練習して、取材を受けて、撮影をしてという1週間で、毎日何かしらの予定が入っています。1日は仲間と釣りに行く予定で、今回は自前の船ではなく遊漁船に乗って出ます。少しはゴルフから頭を離して気分転換しないといけませんから!

先週末に出場した『スターツシニアゴルフトーナメント』は7アンダーで終えたんですが、相変わらず調子はよくありません。2日目、3日目はノーボギーで回ることはできましたが、なんとか上手くごまかしてやってる感じですね。でも、自分が求めているのはそういうゴルフではありません。
毎週のように「調子が悪い」とぼやいていますが、悩み過ぎて眠れないとか、体調が悪いとかそういうことはありませんのでご心配なく! これまでの経験を踏まえて、自分なりにやっていくだけです。

今週末は全米オープンも開催されますね。僕もテレビで観戦するつもりです。
世界一のタイトルに向けて勝ち上がってきた、今一番強い人たちの集まりですから、誰がタイトルを手にするのかには興味が尽きません。どんなプレーが飛び出すかとか、重みのあるタイトルを前にした最終日の駆け引きなんかも感じてみたいです。もちろん日本人選手の活躍も注目ですね!

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.06.08更新

すごいとしか言いようがありません。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita345

2021.06.08 this week Fujita 345

開幕戦の『東建ホームメイトカップ』から先週の『日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills』まで、8週続いたレギュラーツアーですが今週はお休みです。と言ってもお休みなのはレギュラーツアーの方で、僕はシニアの『スターツシニアゴルフトーナメント』に出場します!

日本ゴルフツアー選手権では2日目、雨の中のタフなコンディションに耐え切れず、スコアを崩し予選落ちとなってしまいました。
芹澤さんにアドバイスをいただいていて、いいショットも出始めてはいるんですが、まだ致命的な大きなミスをしてしまうことが多い状態です。
今週はシニアの大会でプレッシャーは少しだけ少ないですが、悔しい思いが続いているのでいい材料を見つけて結果につなげたいと思っています。

さて、みなさんもご存知でしょうが、全米女子オープンで笹生優花選手が優勝を果たしました! 本当にすごいとしか言いようがありません。
しかも、畑岡奈紗選手と日本人同士のプレーオフを制してです。時代が変わったな、と感じる瞬間でした。笹生選手も若いですが、さらに若い世代は彼女や松山英樹選手、渋野日向子選手なんかを見ながら育っていくわけですから、どんどんゴルフ界も変わっていくだろうなと感じています。

笹生さんにはTEAM SERIZAWA の番組に出ていただき、ご一緒したことがあります。そのときに一緒にプレーしましたが、日本の女子の中ではずば抜けたポテンシャルを感じさせてくれる選手でした。プレー以外では、ニコニコとよく笑う、今どきの19歳の可愛らしい女の子といった感じでしたよ(笑)。
僕と同じくらい飛ばすパワーが注目されますが、もちろんそれだけでなく彼女のトータルの力が世界で勝てると証明された試合でしたね!

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.06.02更新

そんな選択肢はありません。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita344

2021.06.02 this week Fujita 344

先週行われた『~全英への道~ミズノオープン』は初日が雨で中止となり、54ホールでの競技になりました。
朝方はけっこう雨が降っていましたね。目安としては、4ミリとか5ミリの雨が続くとグリーンに水が浮き始めるので、プレーが難しくなってしまいます。朝起きて天気が悪いといい気持ちはしませんが、「雨だからやめとこう」とも言えないですから(笑)、どんな状態でもプレーできる心構えでいるようにしています。

肝心の試合の方は、トータル7オーバーで予選落ちとなってしまいました。きっかけが見つからないばかりか、余計に深いところに入って行ってしまったような感じです。たぶん、ほかの人が想像している以上によくない状態です。プロになってちょうど30年くらいですが、どん底です。

これだけ結果が出ないとつらい気持ちはありますし、応援してくださる方に申し訳ない気持ちもあります。
でも、僕が投げ出したり、あきらめる姿を見たい人はいないと思いますし、自分自身でもそういうのはイヤなのでやるべきことをやり続けます。逃げ出すのは一番楽かもしれませんが、それはプロとして失格だと思いますので、そんな選択肢はありません! 悲観的にもなっていませんので、自分の信じる藤田寛之流のスタイルでもがいていきます!
毎週同じようなことを言ってしまいますが、次の『日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills』は、まずは予選を取って4日間プレーし切ることを目指します!

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.05.25更新

ビンビンに感動が伝わって。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita343

2021.05.25 this week Fujita 343

先週の『ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント』では予選も通り、4日間で14アンダー、25位タイでフィニッシュすることができました。予選通過の次の目標である“30位以内”には入ることができました。
とは言え、微妙なんですよねぇ(苦笑)。内容は良くなく、状態としては1打差で予選落ちを繰り返していたときとほぼ同じです。

それでも予選落ちし続ける生活に比べると、土日に試合の中でいろいろ試せるのはよっぽど身になります。失敗を繰り返しながら見つけていくものだと思うので、今は失敗の中で考えて、改善している状態です。

時を同じくして、アメリカでは『全米プロゴルフ選手権』が行われていました。
優勝したフィル・ミケルソンは、僕と1歳違い。実は誕生日も同じ6月16日で、きっかり1年違いなんです。時差はありますけどね(笑)。
最近はずっと守ってきた世界ランク100位を外すこともあって、彼なりに葛藤もあったと思います。そういう中でのメジャー制覇には感動しました。結果的に勝ったから、というのではなく、そこに向かってプレーしている姿、表情、仕草からビンビンに感動が伝わってきました。
僕もやれることはすべてやっているつもりですが、これを続けて間違いないんだなと思わせてくれましたし、まだ人に感動を与えられる存在でいられるかもしれないという勇気をもらいました。その一挙手一投足にカッコよさを感じさせてくれるプレーを見せてもらいました。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.05.20更新

充流れが変わればうれしい。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita342

2021.05.20 this week Fujita 342

今週はちょっと更新が遅くなってしまいました。すみません。もしかしたら、みなさんがこの記事を読むころには『ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント』が始まっているかもしれませんね。

その前の『アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ』ではようやく予選を通過することができました。前回言ってた「初日が出る」ってやつですね。プロ仲間も含め、いろんな人に「おめでとう」とか「よかったね」と言われました(笑)。
結果としては土日は順位を上げることができず、いろいろ試したもののきっかけは掴めずに終わってしまいました。でも、決勝に残れず試合以外で練習するよりも、どんなに調子が悪くても試合で試していく方が自分には合っています。何がきっかけになるか分からないですが、最低限の目標をクリアしたので流れが変わればうれしいですね。

今週の『ゴルフパートナー PRO-AM トーナメント』は変則的な大会で、プロ2名アマ2名で組を作って回ります。2人の一般アマの方に加え、僕の予選の組には昨年のこの大会(新型コロナの影響でエキシビジョンでしたが)で優勝した関藤直熙プロがいます。
見ている方は面白そうだと思われるかもしれませんが、僕としては誰と一緒でも全然気になりません(笑)。とは言え、トップアマではないアマチュア選手と周るのは初めてですので、新しい試みで盛り上がればいいなとは思っています。

今週も宮本プロにスイングを見てもらったり、課題を感じていたギアの修正を行ったりして準備を進めています。予選は通りましたが、気持ち的には全然楽になっていません! 今回もまずは予選を通って、次は30位以内に入ることを見据えてやっていこうと思っています。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.05.11更新

充実感があります。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita341

2021.05.11 this week Fujita 341

先々週の『中日クラウンズ』、そして先週の『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品』と2戦続けて宮本勝昌プロが優勝争いに加わっていました。結果的にはどちらも悔しい形にはなってしまいましたが、よくやっていたと思います。特に先週は若手、中堅がまじりあっての大混戦の中、最後の最後まで争っていたのですからたいした人です。

一方の僕はまたもあと1打足りずに予選落ちとなってしまいました。宮本プロとはレベルの違う悔しさです(苦笑)。これで開幕から4戦連続での予選落ちで、僕が覚えている限りでは初めての経験です。そろそろ「あ、藤田さん調子悪いんだな」とツアーのプロたちにも伝わっているころでしょう(笑)。
そんな状態なので、みなさんからは悲観的に見えるかもしれません。でも、意外とそうではなく、充実していると感じています。くさっていたら置いてかれてしまうだけなので、頭使って、体使っていろいろと試行錯誤して取り組んでいます。コロナに翻弄されて何をやっているのか分からなかったような日々とはぜんぜん違う充実感があります。

とは言え、プロですからね。結果がともなわないと評価されないというのも分かっています。今は相撲で言うところの「初日が出ない」状態ですから、なんとかしないと。
今回は宮本プロに長い時間付き合ってもらい、スイングを見てもらいました。そのおかげでショットが安定して2日目の後半は4アンダーでした。これで万事解決するかというとまだ分かりませんが、きっかけになる可能性はあると思います。
今週の『アジアパシフィックダイヤモンドカップゴルフ』で、まずは「初日」を出して一歩ずつ階段を上っていければと思います。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.05.06更新

自分のゴルフを知ってもらえたら。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita340

2021.05.06 this week Fujita 340

世の中はゴールデンウィークですが、当然僕には関係ありません(笑)。今年からはこの週にも新しい大会が入るようになりました。次戦の『JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品』ですね。会場の栃木県に向けて移動をしているところです!

先週の『中日クラウンズ』では、またしても1打差で予選落ちとなってしまいました。つらい時間が続いています。中にはいいプレーもあるんでしょうが、予選ラインをクリアして決勝をプレーするのが最低の条件ですから、そこに達していない以上はダメですね。
そんな中、宮本プロが2位に入ったのは良かったです。初日、2日目と前の組にいたので、いい感じで回っているのは見ていました。チャンスもあったのでできれば優勝してほしかったですが、優勝した岩田プロもかなりいいプレーをしていましたからね。

さて、次戦からは小沼泰成さん(写真)にキャディを務めてもらいます。今シーズン、一番多くバッグを担いでもらうキャディさんです。まだ20代前半の若者で、以前は星野陸也プロのキャディをしていた人です。星野プロとのお仕事が終わって空いていたときに、知り合いのプロキャディさんを通じて紹介してもらいました。いろいろコミュニケーションを取りながら、自分のゴルフを知ってもらえたらうれしいです。

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

2021.04.27更新

足元に道ができて。|藤田寛之からこぼれる言葉 this week Fujita339

2021.04.27 this week Fujita 339

開幕2戦目の『関西オープンゴルフ選手権競技』は、1打足りずに予選落ちとなってしまいました。会場となった有馬ロイヤルゴルフクラブ ロイヤルコースはとてもいいコースで、あと2日プレーしたかっただけに、余計に悔しい結果になってしまいました。

そんな中、昨日、芹澤さんに時間を作っていただき、みっちりと3時間もスイングを見ていただきました。芹澤さんには「開幕戦の直後に来るかと思ったよ」と言われてしまいました(笑)。
芹澤さんにアドバイスをいただき、本来の僕のスイングと現在のスイングはかなりズレていたことが分かりました。これだけ長年やっているプロでもこんな大きなズレに自分では気付けないんですから、ゴルフは本当に不思議なものです。

ただ、そのおかげで進むべき方向性が分かってきました。まだ明かりは見えない真っ暗闇の中ですが、足元に道ができて歩き方も分かった感じです。変なところに迷い込まずに道の上を歩いていけば、いずれ遠くに明かりが見えてきて、最後にはそこにたどり着けるはずです!

ズレが大きいので、次の『中日クラウンズ』までにバッチリ行くかはなんとも言えませんが、2019年大会では芹澤さんも予選を通過し、メンバーみんなで18番ホールに集まって宮本プロの優勝を見届けた思い出深い大会です。なんとか4日間プレーして、開幕戦からこの試合までバッグを担いでくれるキャディの野村くんにも恩返しをしたいと思います。なにしろまだ一銭ももらえていませんから、しっかり稼がないと(笑)!

シェア

投稿者: 藤田寛之オフィシャルウェブサイト 事務局

前へ 前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ